HOME > 相続に伴う所有権移転登記に必要な書類

相続に伴う所有権移転登記に必要な書類

不動産の所有者が亡くなった場合、相続人がその不動産を引き継ぎます。これをしなければ、その不動産があなたものであると主張できないのです。すなわち、家を売ろうと思っても、亡くなった方が所有者のままでは、家を売却することができません。

相続に伴う所有権移転登記は、煩雑な作業が発生します。特に、相続人が多い場合は、相続人たちの戸籍謄本を全て収集するだけでも大変です。

また、遺産分割に関するトラブルも発生する場合があります。ですので、相続問題を長引かせないためにも、しっかり仕事をしてくれる司法書士を見つけることは、すごく大切なことです。

▼当サイトがおすすめする相続の専門家!

当サイトがおすすめする司法書士、鈴木としひろさんは1000件以上の相続問題を解決してきた相続の専門家です。相続登記はもちろん、必要書類の作成や相続人の確認、預貯金手続きや財産調、など、相続に関する時間や手間のかかる手続きをまとめて頼むことができます!

本やインターネットでも、相続や登記のことは調べられますが、やはり気になるのは「自分のケースだとどうすればいいか?」ということですよね。その点、無料相談を利用すれば、自分専用の回答をすぐに得ることができます。
相続登記と遺産相続手続きの無料相談
相続対策コンサルタント 鈴木としひろさんのプロフィール

相続に伴う所有権移転登記に必要な書類

■登記原因証明情報(以下のもの)

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本等
被相続人の住民票、または戸籍の附票
遺言(ある場合)
遺産分割協議書(ある場合)
印鑑証明書(遺産分割協議書がある場合)
相続人の戸籍謄本等など

●相続人の本籍地入りの住民票、または戸籍の附票

●不動産の固定資産税評価証明書など

必要書類は、各管轄の法務局によって異なります。登記の申請の前に、電話をして、必要書類を確認してから行きましょう。

東京近郊(東京・千葉・埼玉・神奈川)で
相続に関する登記や生前贈与に関する質問
をお受けしています。
大変申し訳ありませんが、売買や保存登記に関する質問はお受けできません。

不動産登記、相続登記の無料メール相談

不動産を相続した時
相続に伴う所有権移転登記にかかる費用