HOME > 所有権保存登記とは?

所有権保存登記とは?

建物を新築した際、新築のマンション、一軒家を購入した際には、登記をしなければなりません。

まず、建物を新築した場合は、完成から一ヶ月以内に建物の表示登記をしなければいけません。これは新たな不動産が生まれたことを公にする手続きです。また、この登記の申請を怠った場合には、10万円以下の過料に処せられることがあります。

この建物の表示登記が完了した後、当該建物が自分の所有であることを公示するために、所有権保存登記の申請をします(住宅ローンでの購入の場合は、抵当権の設定登記も必要)

こ の所有権保存登記も、料金が高い司法書士に頼めば20万円近くかかります。これをリーズナブルな司法書士頼めば、10万円以下でやってくれます。です ので、不動産屋の指定する司法書士の報酬が高い場合は、リーズナブルな司法書士を見つけて、お願いしたほうがいいです。

ただし、建売などの新築物件は、契約であらかじめ司法書士が決まっている場合があります。こうなると、なかなか自分の頼んだ司法書士さんに登記をお願いするのは、難しくなります。とにかく、不動産屋さんに相談してみてください。意外と、それでもかまわないと言ってくれる場合もあります。

当サイトが自信と責任を持ってオススメする司法書士事務所

相続登記と生前贈与に強い、相続の専門家 『東京国際司法書士事務所』なら
一律料金と手続きの完全代行にこだわっているので、安心して相続手続きを丸投げできます⇒⇒⇒相続登記手続き丸投げパックはこちらから

所有権保存登記に必要な書類

1.登記申請書
2.所有者の住民票
3.住宅用家屋証明書(減税を受けるため)
4.表示登記の登記済証 or 建物の登記簿謄本

必要書類は、各管轄の法務局によって異なります。登記の申請の前に、電話をして、必要書類を確認してから行きましょう。

東京近郊(東京・千葉・埼玉・神奈川)で
相続に関する登記や生前贈与に関する質問
をお受けしています。
大変申し訳ありませんが、売買や保存登記に関する質問はお受けできません。

不動産登記、相続登記の無料メール相談

建物を新築した時
所有権保存登記にかかる費用